« 2003年07月 | メイン | 2003年09月 »

怒涛の日々が続いていて
頭の中 まるで材木

2003年08月27日 14:06 ▲

猛毒と皮膚

大きなキャラメルのような箱の中で
7人のバスーターズが汗を流している
意味のあるクオータ
ワイヤーがきしみ、鉄骨に頭をぶつける
薬品が飛び散り、たれてたまった地底に
水が爆発する
その瞬間、一気にキャラメルは鉄骨のマングローブへと化し
天井から夏の「火」が虹を作った

そんな日だった
日常で起こるすべて
人はなにを見るのか
横断歩道のミクロに、水槽に、檻の中に
人はなにを見るのか
今日の夏に何を見た?
今日の夕立になにを見た?

僕らは確実に
曇天の空の隙間に
名神高速から見える湖に
天使を見たわけだが

2003年08月19日 14:05 ▲

湖をこする

水の匂いが全部をくれる
こする、こする、こする
こすった後に
雲に飛び乗る

なくしたカブの鍵を発見
喜怒哀楽の激しい一日

2003年08月18日 14:05 ▲

14インチ

もぎたてののジュースを喉が欲してる

2003年08月16日 14:04 ▲

巨人VS阪神

白川通りで遭難
エンストした
久々に参った

その後ラジオ
カナダ武は面白い

9月のライブが決まりそうだ
NEWセットを作らなくては
忙しくなりそうだわ

2003年08月15日 14:04 ▲

半球

銭湯に行く
湯の充実した感覚
空間
全身に染み渡る
目をつぶってあぐらをかくと
気のエネルギーみたいなものが
蔵全体を駆け回る
サウナから出てきた蛸たちは
冷水に飛び込み、一気にトドになる
薬草風呂の香りは
なぜかライチの香りがした

大阪ファンダンゴにSM6のライブ
大変よい
どこに響かせるかどうかということを考えた
その後、不思議のばあさんに連れられて男10人で食事

ピンサロ 焼肉 4WD ビニール傘
十三の夜をにぎやかにするのは
実は雑音かもしれない

2003年08月14日 14:03 ▲

レタスチャーハン

機材周りの整理 すっきりした
インスピレーションが沸いてくる

友人からカブをいただく
まだじゃじゃ馬だが ゆっくり慣らしていこう
これでいつでも旅に出れる
うん

2003年08月12日 14:03 ▲

I LOVE YOU

ポマードのライブを見に拾得に
いい、どんどんよくなっている
レシポンの「奥原」をカバーしてくれた
うれしはずかし、まいっちんぐ
久々にカシスソーダを飲んだ
すべてが蘇る味

すべての現象が 幽霊のように周りを漂っている
メロディーの中に埋め尽くされて
人間の本当の姿を見せてくれている

レシプラグドまであと14日
完璧を望んでいる

岡村靖幸のチケット落選
心底がっかり


2003年08月11日 14:02 ▲

きらきらひかる

宇治川に花火を見に行く
蟻塚に迷い込んだような人の多さに
いきなりうんざり
やっと、いい場所を見つけビールといか焼きで一杯

子供のころは花火など関心がなかった
屋台も食べ物ばかりだし、人も多いし面白くない
しかしこの年になると、なかなかよいもののように感じる
一瞬の美しさにただただ呆然とする子供の俺がいる

自分にとって祭といえば「酉の市」であった
ゲームくじ、型抜き、おもちゃ釣り
友達と走り回る神社の境内、それこそ何往復も
好きな子に会うとドキドキした
ちょうちん、熊手、煙
きらきらひかるそのすべては
何万人の中での孤独な俺を
永遠にループし続けている

季節の軋轢には汗が飛び散っている

2003年08月10日 14:02 ▲

初のモデルバイト
つらい、けどいい金もらった

わかってはいたが、世の中にはいろんな人がいるなぁと実感
俺もその一人なんだが

2003年08月08日 14:01 ▲

6万の壁

東京物件探しに一日費やす
しかも携帯の充電が切れた

やっぱり東京は高い
でも、一定の値段を超えるとぞろぞろといいものが出てくる
それこそ京都に比べ物にならないくらい

一日車を走らせていた
目白通り、環7、山手通り、明治通りを何往復も

東京はやっぱり広い
文化は健在であった

2003年08月04日 14:01 ▲

今のうちに

ロックインジャパンに行ってきた。
待ちに待った
岡村靖幸をみるためだ

PM13:00
ひたちなか海浜公園に向けて
首都高→常磐道→北関東高速と二時間ぐらい走る
早く見たいという気持ちが、アクセル強く踏み込ませる
気づいたら156匳个討

フジに行ったときとは大違いの軽装だ
遊園地にでも行く気分

案の定そうだった
会場は花見のような雰囲気
それに高校生位の女の子が嫌に多い
同じフェスでもフジともライジングサンとも全然違う空気にびっくりする
ビールを飲みながらグッズ売り場に急ぐ
岡村靖幸Tシャツを購入
胸にきらきらピーチマーク
胸が熱くなる
服を買ったのは実に1年ぶりくらいだ
まさかこんな形で買うとは

そのころちょうどバンプ
遠めの日陰でゆっくり聞く
いや、聞いてない
もはやすべては岡村のための前座にしか思えない
次に平井賢
平井賢ってサウンドはすごくいいなとおもった
ただ詩が俺には重すぎる、ていうか結構いなたい

みんな手拍子をしている
コンサートを無理やり野外に持ってきた感じ
ロッキンオン主催という事もあってか
音楽を活字で語るフェスという感じがした
奇跡をあらかじめ作っている感じ
遊びがあるようで、実はない
やっぱりこれは野外総合コンサートだ
フェスではない

そして岡村
出てくるまで心臓がばくばくしていた
バンプの時からしてた
出てきたら失神するんじゃないかと思った
本当に出るのか?という不安交じりの期待から
本当に岡村っているのか?という気持ちに
そしていよいよステージ開始
バンドが入る
!!!
岡村だ!!黒スーツにサングラス
なんかこの人貫禄ましてる
顔は昔と変わらないが、やっぱ太ってる
1曲目「COME BABY」から
自然に体が騒ぐ そんな自分にびびる
ステップアップ、マシュマロハネムーン、SEXをメドレーで突っ走る
最高だ

フジのビョークなど比べ物にならん
ここ近年最高のライブである
その後ピアノ引き語りへ
「七つの子?」を歌い出す
いつもの語りも最高だ
さあ、次は?と思ったら
帰ってしまった、、、
短い、短すぎる、、
そりゃねえだろ!!!!!!!
ふざけんな!!!もっと歌えよ!!!
てめえ歌手だろ!!!
・・・。

タバコを一本 心を落ち着かせる
胸に何かものすごい宝物を抱えている気分に
夕焼けがきれいだった カラスが群れで飛んでいる

靖幸大好き
次もいく

ここ二週間いいものをたくさん見た

次は俺の番だ

2003年08月03日 14:00 ▲

いい空気

下北沢ハイラインレコーズにテープを納めに行く
人の多さにびっくり
その後添田と待ち合わせして昼飯
その後どっか行こうと築地に
土曜だからか、時間帯かわからないけど
ほとんどの店はすでに閉まっている
おいしそうなすし屋を見つけ、寿司をつまみながら酒を飲む
スターバックスに入って、いろいろと話す
相変わらず、いい空気が常に流れている

その後家に帰り、ドアをあけると
ただならぬ煙が
何事かと思い急いで入ってみると、座布団が燃えていた
タバコのぼやだ
怒り全快、怒鳴りつける
その後、専属スタイリストヤスキのとこに行き
髪を切ってもらう
そのあと炭火焼にのみに行き、いろいろ話す
相変わらず、いい空気が流れている

友達から電話がかかってきて、飲む事に
懐かしい

関東の空気、関西の空気
相変わらず、いい空気が流れている

2003年08月02日 14:00 ▲