« 2004年04月 | メイン | 2004年06月 »

赤羽

やはり朝から飲むビールは
何よりもうまいと思った
ものすごく楽しい飲み会
酒のみランキングに入りそうだ

以下今までの美味かった酒ベスト10

■大阪府天王寺 
(ビール AM10時 つまみ:串かつ)
■埼玉県越谷
(いろいろ AM11時 公園にて)
■京都府丹後
(にごり酒 PM10時位 風呂に入りながら)
■千葉県幕張 
(エールビール AM9時 銀座ライオン)
■インドネシアスンダ地方 キンタマーニ火山麓 
(ビール AM11時 つまみ:謎の魚のから揚げ) 
■東京都新宿 
(常温のギネスビール つまみ:テンダーロースステーキ)
■埼玉県川口 
(レモン酎ハイ PM4時 中学下校途中)
■石川県金沢 
(ビール AM0時 つまみ:タラバ蟹)
■京都府京都市 
(ビール AM8時 学園祭 つまみ:焼き鳥)
■栃木県中川上流
(日本酒 カヌー つまみ:ヤマメ)
順不同

昔、「朝から日本酒の飲めたらアル中だ」
と言った人がいた。
あんた飲んでたよ。

一度でいいので、まだ畑に生えている野菜を
馬のようにかじりながらビールを飲んでみたい

南太平洋が低気圧を韓朝鮮半島に追い払った
もう夏だ

2004年05月28日 14:02 ▲

120万円

行方知レズのツアーファイナルに行ケズ
心底残念
ひたすらピアノを練習
なんだか面白いことになってきた

「いろんな人と出会う事が君には必要」
俺はこの町をまだ知らないだけ
窓の外には大型観光バスに乗り込む人々
ほら、人が光っている

今日ものすごい体験をした
神経は一枚のガラスを隔て
想像力をなくす
「無関心」はやはり
一種の病気である
「ごめんなさい」という言葉は
使えば使うほど空虚になる
「言い訳」は本人を孤独にさせる
我々の持つ潜在的な「緊張」は
ものすごく大事な物かもしれない

memo:アップビートに二拍子のメロディ
口笛がベスト

2004年05月25日 14:02 ▲

停滞

よく考えたら
最近歩いていない
高原や湖や神社や朝露なんかに
非常に心をもっていかれそうだ
混沌とした場所の魅力に
皮肉にも慣れないでいる
軽井沢に行きたい

ピアノが上手くなった

2004年05月23日 14:02 ▲

グラスタ-&ゴースト

なんだか胸がぴりぴりと
いろんな事を
よく見えすぎて
汚すぎて愛しすぎて
満員電車に押しつぶされて
絵に書くことが出来ない

2004年05月22日 14:01 ▲

テトリスの隙間のように

■18日
AM5:30 渋谷HMV前
ゾンビたちは寝床へ
コーヒーを飲みながらカラスを観賞
汚水の匂いがシミをつけて
無責任な欲望がカラスに遊ばれている
そんな中無事プレミアチケット確保
整理番号50番
人間は滅ぶの?滅んだの?
胸焼けの友引

■19日
スタジオに大遅刻
色々実験したかったのに出来ず
心から反省

PM8:00 渋谷HMV 
6F イベントスペース
ごった返しの中、普段嗅がない香水の匂いがする
4列目、至近距離6m
高まる鼓動、緊張の夏

PM8:34
ヒーロー登場
一曲目「ムーンリバー」
一瞬にして空気が変わる
その後「19」「年下の男の子」「どおなっちゃってんだよ」
「ステップUP↑」「Vegetable」「Lovin'you」「恋のかけひき」
「punch↑」「だいすき」・・・
「君たちのようなファンがいて俺はラッキー♪感謝する気持ちで一杯なのさ〜♪俺はラッキ〜♪俺はラッキ〜♪俺はヤスユキ〜♪」

大号泣。
俺はいつかあなたのようなアーティストになりたい
あなたに会えて俺はラッキー

memo:_痢.團▲痢\睫製餞袷監蒜 ⇒論 ベース 温故知新
  流れの意識→過去へのすがり 一曲のみのライブ→一音入魂

2004年05月20日 14:01 ▲

メモ

3曲〜5曲
ライブ用MIXとリスニング用MIXの2パターン製作
目標2ヶ月以内
歌入れの問題、歌詞

2004年05月18日 14:00 ▲

心もよう

チェルシーホテルは本当にホテルだった
ワインレッドのカーテンが美しい
見ている人は少なかったけど
しっかりと届いていた
今のところ間違っていないようだ。
レシポンの専属衣装をやってくれる人が現れた
非常に心強い

ライブ終了後
7日も兼ねての大打ち上げ
スナックを貸しきっての反省会
大盛り上がり
その後カラオケへ
大盛り上がり
杉田の歌に酔いしれる
声が枯れるまで笑った
これからも俺たちは上手くやっていける

5月12日 渋谷チェルシーホテル
SE:ガヴニスト郷が終わった日(スコットランド民謡)
1:イントロ
2:夕暮れCIDERS
3:モンキーエース
4:TURN OVER
5:ファミコン
6:スカイライン

ライブが色々と決まってきている。
早く発表したい。

2004年05月13日 14:00 ▲

としまえん

霧の中「としまえん」に行った
もはや貸切状態、豪華な公園
幼少の頃の思い出がフラッシュバック
ヒヨコのような園児は霧の中へ
すでにアフリカ館はなかった
偏見が生み出すアトラクションの数々
ミステリーゾーンにはナチスの悲劇のような
恐怖があった
昆虫館で初めてヘラクレスにさわった
過去の甘いパズルを埋め合わせると
霧の奥のほうに早歩きの祖父がいた
メリーゴーランドが濡れる
涙が止まらない

その後24ページのライブを見に下北沢440へ
全バンドよかった。というか東京の実力を見た
「東京にはこんなのごろごろいるんだぜ」
そういわれてる気がした
四年前に比べて
アマチュアのレベルが高くなっている気がしてならない
気のせいだろうか、俺が見たのがよかっただけか?

メモ:ギター、ドラム、MTRとのバランス
相当MTRの高音を強めてのライブセッティング、実験する価値アリ
トニックをストレートで飲む人間はいない

2004年05月10日 13:59 ▲

ぺ・ヨンジュンに親近感

「役に立てないなら私は死んでしまったほうがマシだ」
体を壊し、すっかり年老いた彼は
俺にボソッとつぶやいた
必死になって雨の日も風の日も
ずっと俺達を守ってくれた。
今度は俺があなたを守りたいだけなのに
プライドと肉体の呪縛が
あなたを追い詰める
もしかしたら俺達の心配が
あなたを殺しているのかもしれない
ごめん、俺間違ってたわ

2004/5/7 「十代暴動ナイト7」
SE:Chinese Rock(RAMONE'S)

1 外人の声(BALTHUS VOICE)
2 スカイライン
3 モンキーエース
4 1997・人間・ゼロ戦
5 REDIN 2 JAM(アコースティックセット)
6 サザンのオールスターズ
7 ファミコン
8 JACRTANA

いいスタート切った
CDの売上率記録更新
新生レシポンのイメージは「骨太」らしい
ここからが勝負
 
いろいろな人に会えて本当にうれしかった
去年の7月同じ場所で
失意のどん底に叩き落された
時がたち又一つになる
油性ペンは消えてしまったけど
夜の代々木公園でおまえらと歩いたことを
俺は忘れない

2004年05月08日 13:58 ▲

夢の中へ

今日はスタジオ
MTRのバックを肩から下げて
秋葉原で降りると
何か誤解されている気になる

新メンバーでの我々の形が
徐々に形になってきている
夢中になれるテンション
いい形でフルライブが出来そうだ

バイトと音楽というシンプルな形に
ものすごい心地よさを感じる
落ち着いたら上野辺りでも散歩しに行こうか
今年の五月祭はどうだろうか
拾得で飲むってのもいい

2004年05月05日 13:58 ▲

アラーキー

「物事」
五感から得た情報と別に
真逆に位置する情報が必ず存在し
そのあらゆる探索・学習・恐怖の結果
時間的数値では測れない
一瞬で決まる印象と事実、つまり初期情報に戻る
この一連の流れは、常に流動を繰り返しており
その加速はいわゆる「創造」に繋がる
枯山水に宇宙を見るように
髑髏に愛を見るように
常にそのループは熱を帯びている
永遠は存在するのではないだろうか

老人介護に行く
焼肉をたらふく食べた

スランプ到来
自分が生み出したものに縛られている
山ほどあるアイデアが出せない
慎重という名の臆病
うざったい
memo:
河内音頭・onefoot in the grave・コール&レスポンス・スキャット

2004年05月04日 13:57 ▲

二階ROCK

東京でいつか出会うと思うアーティストを見つけた
そんな気がする
すごくいい気分だ

風が強く、雷が鳴っている
すべてが浄化していくような
そんな気がしてならない

2004年05月03日 13:57 ▲

環境問題

天一食った
「ねぎ多めは別料金ですが、、、」
ふざけるな。

真昼間にガム買いにコンビニに行ったら
B−BOYみたいな人が
酒売る売らない、やい店員!ぶん殴るぞ、あんた未成年 、、
とかなんとかでもめてた。

線路下のトンネルくぐったら
昼間からガキがSEXしてた

本当にくだらない町だと
心から思った。
この町は俺らに何もくれないし
何よりも他者が見えない。
つまり出会えない。
だからといって幻滅などしないが
少なくともここよりか素晴らしい町を
俺は沢山知っている。

2004年05月02日 13:56 ▲

ネズミ捕獲

どうも肺の辺りが痛く
不気味な咳が出るため
タバコをやめた。
禁煙ではなくタバコ終了
30日スタジオに待ち人が来た
ものすごく嬉しい。
日誌は毎日書かねばと
ひどく反省

物忘れが激しい生活だから
書かなくてはならない
常に死を念頭に想像し
生活に勢いを持て
私は貝になりたくない

memo:only J
☆和田アキ子・尾崎豊・トータス松本・岡村靖幸・谷村新司・石井竜也・サンボマスター・矢沢永吉★森田童子・はっぴいえんど・バンプオブチキン・小沢健二
三拍子、シャンソン,→2/2or2/4コーラス、手拍子、指パッチン 黄金期、派手な夜、深いウイスキーの匂いと低気圧のような愛情 大都市のキャバレーのど真ん中出なく、風景の一部 激動、バックグラウンド

2004年05月01日 13:56 ▲