« 2004年08月 | メイン | 2004年10月 »

TOO MUCH PAIN

京都ライブ無事終了

荷物超重過ぎ
何度投げ捨てたいと思ったことか
ちょっと考えなくてはいかんなと。

生まれて初めて四国で朝を迎えた。
オレンジタウンの静かな生活
楽園ベイベー、無花果をほおばりながら
うどんをすすり、飲酒運転
家族愛、亀、スモーク
志度湾を見ながら歯を磨いていると
俺はどこにいるべきなのか考えさせられる
世界の中心で世界を意識しても
何もヒントはなかった
恋人との別れ話に夕陽が似合いすぎ
俺たちはふられたわけだが
どうにもこうにも島々が美しい
TOO MUCH PAIN

それぞれの数日を抱えながら
京都のスタジオに集合
トイレが無駄に素晴らしい
ウーララにてリハ
対バンの音楽に感動
とにかく素晴らしかった
DVD完売、めでたい
でもね、もうね、ちょいね
もっともっとつきぬけたい

新たな香辛料を求めても
香辛料しか見つからないけど
いつも笑顔でいてくれるその心に
俺は大事な用事があるんだよ

9月25日
京都ウーララ
衣装:ショウジ

1:JACRTANA
2:SOS
3:1997・人間・ゼロ戦
4:モンキーエース
5:スカイライン
6:ファミコン
7;夕暮れCIDERS
8:ソープランド(ライブVer)

今回の旅でゆっくり音楽を聞いた
持っていったCDたちが思いのほか胸に残ったので
ここに記載
1:ブレスマーク(法然院ライブブート版 
2:ブレスマーク(法然院ライブブート版◆
3:三四郎(途方の粒子)
4:RADIOHEAD (PABLO HONEY)
5:真島昌利(夏のぬけがら)
6:坂本龍一(CHASM)
7:TOM WAITS(ASYLUM YEARS)
8:コーネリアス(POINT)
9:FISHMANS(98.12.28 男達の別れ)

We are waiting for you forever.
It is because we do not have the end.

2004年09月27日 14:29 ▲

ヘッドレイプ

期待か心配か
フィールドが広がると
広がった分だけ選択が必要になる
水のない泉はただの穴である
流れ星のシーケンス
生活に愛がなければ
タフにはなれない
「すべて無かった事で!」と言いきれる
強靭な生命力を

ドアにカギをかけるのでなく
亡霊を追い出す力、抱きしめる力
それを最も愛せ

2004年09月24日 14:28 ▲

仕事終了

仕事をやめた。
実家に帰って半年
早くも思い出が一杯。
いろんな人と出会えた
いよいよ東京ライフが本格的に始まる
やっぱり、一年は色々かかるな。

楽曲のBPMを下げる。
にやりと笑うのだ。
明日から香川、
そんでウーララ。
がんばるまん。

2004年09月23日 14:28 ▲

問題は今日の雨

引越し決定
10月から馬場っこになる
初めての東京都民
膨大な人の数との出会いの予感
動き出せ大車輪

少しずつ俺という人間の本質が見えてきた
いろいろな出来事の積み重ねで
非常に疲れている
二年前のこの時期の悪夢と重なる
ここが最高点か、凄まじい成長期か
学習が必要だ

1HDR→DTMへの移行
2ベースラインからの楽曲構築
3のせる→驚愕への進化
4サンプリング効果
5未知なるミュージックジャンルの学習

ちょっと勇気が出た
http://bbs6.otd.co.jp/678382/bbs_plain

2004年09月17日 14:27 ▲

職人

全力でやったアレは
紛れもない事実であって
そのアレを肯定する
やはりアレは最高であった
いつまでたっても100点はない
全員が認めてくれることなどない
日の昇る今日より、見えない明日の方が
もっといいものができる
涙と汗の悔しい想いの中
歯を食いしばる猿
振り返って夢でうなされるような過去がなければ
成長はない
昨日の俺は今日の敵
俺はこんなもんじゃねえ

      

                 「モンキーエースEP」
                  500円で発売中
            
                 あなたと私はあなたで
                 
                あなたとすべてが私です
                
                地球の皆さんサヨウナラ
                 
                宇宙の皆さんコンニチハ
             
             我々がレシーバーズポンポンヘッドです

9/9川崎ボトムズアップ
セットリスト
1:ジャカルターナ
2:SOS
3:1997・人間・ゼロ戦
4:モンキーエース
5:ファミコン
6:夕暮れCIDERS
7:ソープランド

我々が踊っていたからあなたが踊っていたのでなく
あなたが踊っていたから我々は踊っていたのです
わざわざ遠いところまで見に来てくれて
本当にありがとう
すげえうれしかった

2004年09月10日 14:26 ▲

今日見た夢

荒川の土手、花火大会
ざわざわとたくさんの人がわくわくしている
その土手の麓に
俺と25歳のころの岡村靖幸が並んで
小汚い姿でCDを売っている
俺は彼がこれから売れるのを知っている
彼に催促されCDを渡す
俺は非常にためらった
そのまま笑顔で彼は消えていった
彼の25歳の素敵な表情が
目をつむると今も忘れられない

この熱情をもって、今日のライブに挑む
完全を目指す

2004年09月09日 14:26 ▲

MS-2000

多分この壁は意思で乗り越えられるものだ
音を見分ける力
曲がその意思を呼んでいる
打ち込みの中の演奏?
演奏の中の打ち込み?
ASIAN DUB FOUNDATION に改めて驚愕
意思のある音を


AM9時
信じられない現実
本当に愕然
ライブツアーの音楽データーを多分山口で誤って捨ててしまった
これはもうね
急いでやって、ぎりぎりに何の意味もないってことだな
ちくしょうと千回叫んでから
やりなおすしかねえな
なんか悲しくなってきた

災い転じて吉と成す
でもやるんだよ!!

2004年09月08日 14:25 ▲

Me-imi

火薬はすでにびっしりと詰まっていた
引き金は一つの言葉
「シンプルです」
いてもたってもいられず飛び出し
夜の中を走る
とどめはZAZENBOYSの新譜
俺は射殺された

霧の中に光が一つ、二つ、と言うか無数
振り返ると大きな米櫃
完全に失ったわけではないのに
完全に迷子になった
罵声、疑問符の嵐の中
やっとほしいものが手に入った

2004年09月06日 14:25 ▲