« 2005年05月 | メイン | 2005年07月 »

マセ

どうやらCRAZYを見たいらしい。
よくわかったよ。
見したるわい。

2005年06月30日 14:38 ▲

高田さん

海で泳ぐ魚が、
陸でサッカーをしたいと考えたり
鳥が、このまま月まで飛んでいきたいと大気圏を目指したり
そういった生命の限界点を超えようとすることが
夢であり、希望である。
夢や希望が輝き出せば出すほど、
死の存在が巨大化してくる。

人間に生まれ
空を飛ぼうとして、
実際、空を手に入れて
風を集めた人が、帰らぬ人となった。

目をつぶるとあなたの笑顔が浮かび上がる。
安らかにお眠りください。

2005年06月29日 14:38 ▲

MR BIG

全身にビッチリと刺青を入れた
土星人、2、3人と
30畳はありそうな畳の部屋で
フォークギターを片手に
砂糖をおやつに、双六を楽しんでいる。
庭には菖蒲が咲いている。

そういう音楽を作ろうと
高田馬場で悶々としとる。

2005年06月28日 14:37 ▲

人間の力

■先日高田馬場駅で
自動改札が故障し、飽和する乗車客の処理に
右往左往するJR職員を見た。
機械は何でもやってくれるし、我々の生活を豊かにしてくれる。
非常に便利。でも便利なのに壊れると何倍も不便になる。
電力がない世界では、あらゆるエレクトロニクスは機能しないし、
石油のない世界では車はただの鉄の塊である。
人間はまだエレクトロニクスを飼いならしていないのではないか?
DVDはなぜ鮮明に移るのか。
PCの原理はなにか。果たしてどれだけの人がそれを知っているだろうか。
仕組みを知れば、おのずと見えてくるものがある。
エレクトロはただの道具である。
機械を飼いならすために、人間は戦わなくてはならない。
人間の尽きることない生命力を信じたい。

■ASIA Pにて、
エンターテイメント(ごった煮?)のイベントに出演する。
ライブはいつも以上に落ち着いてできたが、
非常に居心地が悪い。
現代の日本製HIP HOPに思うことは、
80年代に出現した、イカ天、ホコ天などのストリートパンクや
竹の子族、ビジュアル系、90年代のメロコアムーブメント、トランス、ジャンべ野郎など、
カテゴライズされた形式と非常に重なるものがある。
それは確かに、テーマがはっきりしていて、
とても共感を得やすい表現ではあるが、俺はどうも腑に落ちない。
それはなぜかと考えたところ、手段として選ばれたものたちが
「手段」や「手法」として終わっているからだ。
クラフトワークの音楽に人間を見るのはなぜか。
マイケルジャクソンの音楽に、
サウンドを超える人間を見るのはなぜか。
昨日みたSINGO 02も同じである。

もうこれは最近本当に思うところだが、
表現において何よりも重要なことは
「手法」や「手段」を凌駕したところにある
人間力である。
轟音の最中、津波のように襲う電力の真中で
人間はどっかりと虎を飼っていなくてはならない。
ずっしりと人間が立っている。
俺は今RPPHでそこの部分と戦っている最中である。

■ネットラジオをランダムに聞く。
非常につまらない。
表現したい人が、すぐ表現できる世の中になった。
便利になった。
小便が垂れ流されている。

2005年06月22日 14:37 ▲

安楽亭

■シンディーローパーのライブDVDを購入
とても素晴らしく、心から感動する。
人は大人になるのだなぁと実感。
早く日本に来ないかと待ち遠しい。

■真夜中に密談する。
近いうちにNEWマキシCDを作ることを決意する。
夏までには出す。
音楽との接し方が進化してきている。

2005年06月15日 14:36 ▲

ロッキンオン

■カラオケ忍法!鯉幟ツアー記録完成。

■こないだの31日の初台ドアーズに来てくれた皆さん
ありがとう!いろいろと見えた、勉強になったライブでした。
もっとがんばります。

■こないだTV
で種子島のH-Aロケット発射台の映像が流れていた。
非常に感動し、自然と涙が流れる。
私はどうやら、巨大な物に凄まじく感銘を受けるようだ。
大阪「太陽の塔」
福井県「原発もんじゅ」
奈良県「天理教教会本部」
山形県「玉簾の滝」
鹿児島県「H-Aロケット発射台」
これが今のところ俺の好きな巨大施設ベスト5である。
ある女の子に、そのことを伝えたら、
「男はみんな大きさにこだわるからね〜」と言われた。
物凄く納得してしまった。

■昨日見た新宿JAMでのバンドはどれも凄まじく素晴らしかった。
それはすべてのバンドにおいて言える、人間力だと思う。
ここ最近いろいろなライブを見るが、
惜しいと思うところにいつも思うのは「人間力」のあるなしである。
それは以前見たブレスマークのライブで強く思ったことだが、
昨日それがはっきりした。
そんで新しい、俺の判断基準になった。
ジャンル、技術や手法。それももちろん大事だが
ライブは人間力の勝負であり、人間との戦いである。
恐れることは何もない。

■KORG TRITON studioを触り倒す。
あまりの音と構造の素晴らしさに、ぶっ倒れそうになり
自分の機材を、窓から投げ捨てたくなる。
アラン・マッギーはオアシスの「Supersonic」を聞いたとき
頭からウイスキーかけて笑い出したというが
まさにそんな気分だ。
ただここからが、人間とこの機械との戦いである。
飼いならしてやる。

■やはり、Pro Toolsを購入するべき気がしてきた。

■新曲「ドラドラ'24」「銀河高原」「ワープライト」の構想に着手

■先日、池袋の東急ハンズに出かけた際
そこにいたシマヤドカリの可愛さにクラクラきて
思い切って買ってしまった。
じっと見てると、象にも、ウサギにも、ゴキブリにも見えてくる。
非常に不思議な生き物。とてもかわいい。

■サマーソニックにパブリックエナミーが出る!!
これを見に、今年のフェスは行こうと思っている。
クリエイティブマン本当にくすぐる。

2005年06月13日 14:35 ▲