« 2005年09月 | メイン | 2005年11月 »

京都精華大学

関東の大学の学園祭に
これから出演してまいります。

目標がない学生、
がんばる事がない学生、
世界に絶望している学生を
地獄に突き落とすような
ライブを展開したいと思います。

全力でやります。
是非見に来てください。

2005年10月29日 03:26 ▲

ギター

日々の徒然

■ケロロ軍曹
「ケロロ軍曹」という漫画にはまってしまった。
ちょいとオタク臭があるので
あまり人には言わないようにしていたが
どうしてもケロロがかわいくて仕方がない。
というかタママがかわいくて仕方がない。
ドラマ「電車男」の主人公の携帯にも
ケロロのストラップがついていた。
俺もしっかりとついている。
嬉はずかしマイッチング。

■Mixy
Mixyを初めて1ヶ月。
だんだんとこのコミュニティーの面白さがわかってきた。
このMixyという中にも日記があるのだが、どうやってこの
日誌と区別をしようか悩んでいる。
区別しなくていいのかもしれないけど、
違うことをしたい。もうちょっと考えたい。
ちなみに友達のマミさんがレシポンのコミュニティーを作ってくれた。
そこでも何か面白いことがしたいなぁ。

■よくわかった
俺の精神は根本的に体育会系である。
年功序列、年上を敬え。
当然そうであると思ってきた。
けどもうやめた。
先日とある飲み屋で、
殴りかかる一歩手前まで行った。
年下というだけで、見下した目線での会話。
「君は何がしたいの?音楽で何がしたいの?」
質問ではなく、自分の理想とする答えを待っている。
これからは、そういうやつには
俺を殴ろうとする一歩手前まで、
堂々としてやろうと思う。

■コンビナート
先日、
「テクノスケープ〜同化と異化の景観論〜」 岡田晶彰署
という本を買った。
日本に点在する美しい景観。
しかしそれは自然の造に限らず
人口的に作られた土木建築、造園、歴史等の計画形成に
そこに暮らす市民や、年月の経過によって
その景観がどのように変化していくかを書いた学問書である。
やはり俺は、こういった人口的に形成され、
ある特定の目的のみに機能を果たしている建築物に
とても感動する。
それはたとえばダムであったり、原子炉であったり
灯台であったり、はたまた宗教建築であったりするが、
その中でも特に、コンビナートにとても心を奪われる。
それは多分、俺が生まれ育った川口という街で、
鋳物工場のキューポラの熱と真っ黒になりながら働く
鋳物職人の労働風景を、幼い頃から当然のようにして見てきたからかもしれない。
俺はこれから時間が出来次第、
そういう風景を見つけに行きたいと思う。
とりあえず今月中、海芝浦にコンビナート見学に行く予定だ。

■腰
腰椎すべり分離症という怪我になってから1ヶ月弱、
先日、アウトドアホームレスのGOD-Jさんに
整体をやってもらった。
Jさんはバンドをやりながら、整体士をやっていて
11月に栃木県にも整体院を開業する凄腕である。
おかげで腰も結構良くなり。本当に感謝である。
自分の体を考えるきっかけになった。

■サウナ
腰とは関係ないが、Jさんにサウナの素晴らしさを教えてもらい、
俺はどっぷりとサウナにはまってしまった。
これから毎週一回はサウナに行くことにきめた。
・・って書いておきながら、
自分はおっさんになっている気がしてきた。。。

■マイクは楽器であると、昨日のライブでおもった。

2005年10月16日 03:25 ▲

ロックのコンサート

10月15日 東高円寺UFO CLUBにて
おとぎ話との2マンライブ
本当にいい経験をさせてもらった。

■東高円寺UFO CLUB
RPPHの中で、
UFOは非常に難しいライブハウスだと思っていた。
見せ方、音作り等、をしっかりやらないと
つまらないライブになる可能性がある。
とても神経を配った。
正直俺はライブをやるまで、UFO CLUBは
ただただ金がなく、悪い意味で音にこだわらない
ライブハウスだと思っていた。
だが実際違っていた。
何もないのでなく、何でもできるよう
シンプル且つ、力強いシステム構成をしている。
そして何より、UFO CLUBは自分たちの会場条件を良く知っていて
その場所をとても愛していることがわかった。
しかし良く考えると俺は、
京都でそういった条件のライブハウスで
何度もやっていることに気づく。
ネガポジや拾得もそうだ。
これはつまり勉強したり、理解することで
どんなとこでも変わらないライブができるということの
証明でもあった。
是非ともまた演奏してみたいライブハウスであった。

■おとぎ話
今年の5月に大阪で共演はしたが、
東京で共演するのは、一年半ぶりであった。
メンバーとはよく会って飲んでるイメージがあるのだが、
共演となるとなんとも感慨深いものがある。
演奏も非常にうまく、独自の世界観がどんどん光出してる。
特に驚いたのは、ドラムの前越君が入ったことで、
以前にまして四人が見えるようになった。
ていうか強力になった。
一年に一度は2マンでこのバンドと一緒にやりたい。


このライブの一週間前から
その日は高円寺で絶対にホルモンを食いに行こうときめていた。
ライブ終了後、いや正直言うとライブ後半くらいから
俺はすでにコブクロやミノやレバーのことで
頭はいっぱいであった。
もうぶっちゃけて言うが
アンコールの「スロースターター」を歌っているときなど
レバ刺まだ残ってるかな〜と歌いながら心配していた。

無事ライブが終了し、
すでにマッコリのことしか考えられなくなっていた俺は、
メンバーや友達にアピールを開始した。
「あ〜あ〜、肉焼きたいな〜!」
「ビールもいいけど、マッコリもいいね!」
「レバ刺は美容にいいらしいよ〜」
「ホリエモンとホルモンって似てるね〜」等
しつこくなく、且つさわやかに、アピールしまくっていた。
相手に「ホルモン」という言葉を洗脳することで、
確実に打ち上げはホルモン屋だと確信していた。
そしてついに俺は

「ホルモンでも食いに行くか!!」

としつこくなく、しかもさわやかに言いはなった。
さあ、返事を聞かせてくれ!
ホルモン食おうって言ってくれ!
と期待して待っていると、意外な返事が返ってきた。

「又ですか〜」

どうやら、俺のせいで
みんなもうホルモンに飽きていたみたいだ。
ギターの添田にいたっては
「いいかげんにしろ!」と怒られてしまった。

ホルモンに興味ある人、連絡ください。

10月15日 
東高円寺UFO CLUB
1:JACRTANA
2:FAR(新曲)
3:モンキーエース
4:The Universal
5:REDIN 2 JAM
6:ベルマーク
7:ソープランド
8:1997・人間・ゼロ戦
9:CRAZY FOR YOU
10:ファミコン
11:夕暮れCIDERS
12:スカイライン
〜アンコール〜
13:スロースターター

2005年10月15日 03:25 ▲

わっはっは

新曲「FAR」完成。
けど新しいCD
「FAR」には入ってないわけで。
まあ言わば
これから始まるわけだ。

今月は沢山人に会って、
沢山いろんな話をしたり、
お世話になったり
沢山いろんな事があった。
思いと現実のスピードが合っていない。

日常がキラキラしとる。

2005年10月12日 03:23 ▲

あいしちゃったのよ

■10月は本当にライブや祭や展覧会がとても多い
秋刀魚の煙と心地よい寒さ
最高。

■ブルースハープについて色々考える。
高円寺UFO CLUBでのセッティングを熟考する

■肉体改造計画開始
七年間眠っていた筋肉が喜んでいる。

■最近見たライブ
・ワッツーシゾンビ
・ラジカルズ
・muddy muddy muddy world
・山口直樹-Default
・鳩山浩二
・モンスター
四日連続ライブ観戦&
大量のアルコール&
曲作りと最高の週末であった。
こんな時間が永遠にあればいいなと
本当に思った。

2005年10月05日 08:51 ▲