« 2005年10月 | メイン | 2005年12月 »

エリーゼのために

■・「The Universal 」
 ・「FAR」
 ・「ワープライト」
   編曲着手
■・「DRIVING ALL NIGHT」
 ・「スココオパイ(仮)」
 ・「迷宮(仮)」
 ・「レシポン温泉」
   製作開始

2005年11月27日 03:31 ▲

昭和80年 遺言

大きく分けて4つ
・現在ある使い物にならない曲の再生作業
・CDのMIX作業
・新曲製作
・酒に逃げない

じっくり、しっかり

2005年11月22日 03:30 ▲

やまとなでシコふんじゃった

■昨日は、
杉田ブルグ(RPPH&MW&ipod購入)、
鳩山浩二(ブギー侍&ラーメン二郎)、
北山タイチ朗(RPPH&ホルモン狂)の三名で
朝10時から風呂につかり
太陽と煙にもまれながら
常に血走った目をした親父たちを横目に
赤羽と十条の立ち飲み屋にて、
大量の酒とタバコをシバクという
親不孝極まりない遊びをしてきた。
ビール、ウイスキーハイボール、焼酎、日本酒、濁り酒etcと
アル中の扉を何度もノックしそうになる、至極の時間であった。

俺が唯一、冬がいいなと思う所は、
こういったアルコールや睡眠不足による覚醒の境地に入りかけると
空中や路上の匂いに、太郎冠者や招き猫が話し掛けてくるような
類似のない「祝賀感」があるところだ。
この感覚は春、夏、秋にはない(個人的感覚)。
高田馬場の朝も、深夜の新宿も
冬の晴れた日は「祝賀感」で満載である。

■小林亜星「CMソング・アンソロジー」を購入
本人はCDのあとがきに
「人様の金儲けに荷担して、売上を上げるための仕事ではあります。
〜中略〜常に心がけていたことは、どんな商品も人の幸せの為に生まれたのだからCMソングも平和で幸せで、楽しくさせるものでなければならない」と書いていた。

確かに「サントリー・オールド」の曲を聴くと
ウイスキーを飲みたくなるし
「紀文はんぺん バター焼き」を聞くと
実際はたいした事もないであろう
はんぺんのバター焼きが食いたくなる。
「パッ!とさいでりあ」など、
「これは自分の一軒家を持っていない俺は損してるんじゃないか?」
とさえ思ってしまう。
そういう風に音楽で思わせる所が
小林亜星のいう「仕事」の部分なのだろうが、
そういった仕事的な基本となっている、
楽曲の素晴らしさはもちろんのこと、
何よりも歌詞が本当に素晴らしく、
曲ごとにオレはいちいち感動してしまった(全62曲!)。
それはもしかしてCMという短い時間で、いかにインパクトをとるか
という職人的な技術なのかもしれないが、
それ故に言葉はとても強く生命に満ちあふれている。
その生命力はつまり
小林亜星という人間の仕事を通して発せられる
強い「祈り」や「願い」を具現化している事なのだろう。

しかし、こういう巨匠に触れると「自己表現」やら「アーティスト」やら、自分の感性だけを信じるということが、いかに間抜けな事であろうかと考えさせられる。
力士はただのデブじゃないことのように、
ちゃんと音楽を作らなくてはいけないと、改めて今強く思っている。

■「ハウルの動く城」DVDをやっと購入。
もう6回くらい見たが、
開始5分位のハウルとソフィーが空を歩くシーンで
6回とも号泣した。
現在深夜3時
今から7回目に突入。
すでに迷宮入り。

2005年11月21日 03:29 ▲

ボジョレーボジョレー

株式、中朝関係、
日露関係、ITバブル、
勝ち組み、負け組み
今日はそんなことを考えながら
ず〜っと「PLAYBOY」を読んどった。

人体の構造は、この世のすべてを教えてくれる
単純で清い、それで強い
森羅万象に硬派でありたい。

2005年11月17日 03:28 ▲

ボロは着てても

学園祭ライブ3本終了。
どれもこれも非常にいい刺激になった。

女子美術大学の開放的なステージ
ステージから降りて、椅子がどんどん繋がっていく
滑稽な場面。黄色い声援が飛び交った。
明治学院大学で、青春の真ん中でのライブ
個人的に「願う」感じでライブをやった。
全部最高だった。
御茶ノ水女子での夜の野外
目を突き刺す照明が、演奏を加速させた。
文京区の夜空に俺は歌っていた気がする。
ロマンチックなライブだった。

この三本のライブで、
俺がバンドの渦中にいることができるようになった。
それはメンバーの立ち位置とかの問題が大きいのだけど
それ以上俺自身に
「もうやっちまっていいか」感が強烈にあったのがでかい。
それはつまり、バンドの音や状況を把握したことでもある。
バンドとしてのRPPHのレベルが上がった気がする。

いつもライブをやった後思うが、
本当に胸が熱くなる。
うまく言葉には言えないが、本当にうれしい。
この学園祭で出会った人を、俺は忘れないぜ。

今年のライブは、後残り2本
シャンパンに飛び込んで
二酸化炭素にもまれるようなライブをしたいと思う。

2005年11月14日 03:27 ▲

相模大野&白金

女子美術大学の学園祭
本当に楽しかった。
明治学院の学園祭
本当に楽しかった。
瞳を閉じれば
ライブが終わった今も
俺の真中で爆音がずっと鳴っている

2005年11月07日 03:26 ▲