« 2008年03月 | メイン | 2008年06月 »

政治とスポーツは関係ない

ももさだがえる.jpg

んじゃなんで政治の力でスポーツを守るの?
人が怪我したり、聖火を妨害したりするの?
政治とスポーツは別とかいうけど、
それを利用して国益を上げようとしている国が開催国じゃねーか。
中国とダライ・ラマ側(“側”←これ重要)が話し合いをすると決めたらしいけど、
その会合に第三機関は入るのだろうか?
会合は是非ともNYの国連本部でお願いしたい。
同時に加盟国は強制的に衛星電波を使い、
国営放送ででその様子をライブ中継をするべきだ。
世界中の人が目撃者じゃなけりゃ意味ない。

ももさだがえる.jpg

時が経てば経つほど、
この波紋で、人が泣いたり傷ついたり絶対にするのは確かなのだから、
北京オリンピックやめませんか?

比べられないけど、
音楽と政治を別にしたからウッドストックはなくなったし、音楽は世界を変えれなかった。
世界を変えたのは結局政治だろ。
政治とスポーツが一緒になるから意味があるのだと俺は思うよ。

だから北京オリンピック。
俺は中止が正義と考えます。
だって根本がおかしいもん。
その名残は必ず今後何十年と続きます。
ももさだがえる.jpg


それと別件でこんなのがある。
・ジョンタイターの予言
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%BC

世界が緊張している中で、
俺は煙草をやめた。
そしたら世界が灰色に見えてきた。
モルトが麦茶に見える。
俺は悲しい。

あと今日、俺が信頼する料理人と
ラーメン二郎高田馬場店に行った。
店員で友達の海老沢さんが、メニューにない「つけ麺」を作ってくれた。
出来上がって食べたとき、連れの料理人が
「味に愛情を感じる」といった。

何ともいえない美しさ、というか生きる誇りみたいなのを
感じました。

いい春だよ、マジで。
おめえら元気してっか?

「春夏秋冬」  泉谷しげる 小田和正 桑田佳祐 忌野清志郎

2008年04月27日 04:00 ▲

青い車

BREATH MARK "青い車"

いつかこんな強い歌を歌えるようになりたい。

2008年04月12日 03:23 ▲

2008年4月5日
関西テレビ「ぶったま!」テレビ生出演において
天台宗 別格本山 書写山圓教寺
大樹玄承執事長の中国のチベット仏教弾圧へ声明文



前々から非常に気になっていたニュースであったが、
ここに来て嫌気が差すほど、事態が深刻になってきている。

この事態を知らない人間にいちいち説明はしないが(本当に知らなければ大至急調べろ)
そもそも人間が人間の自由や尊厳を奪うという事が、
いかに愚かで傲慢かというのは過去の歴史を見ても一目瞭然である。
しかしながら今回の事例を見るならば、同じように繰り返しているこの現実のそれは、
過去の歴史を繰り返さないよう学んできた人類への大きな冒涜であり、
決して行ってはならない過ちに間違いはない。
今回チベット暴動が起きた事で、主にチベットのみがピックアップされてはいるが、
事実チベットだけでなく、その隣の東トルキスタン(現新疆ウイグル自治区)では、
隣国の非公開核実験や政治犯として収容された人間の理不尽な虐殺で
何十万もの人間が殺され迫害されている。
自国の文化発展のために、
異民族、異宗教という理由で、
いったいどれほどの人が殺されていったのか、俺には想像を絶する。

想像してみて欲しい。
家族で当たり前の日々を送っていた君の家に、
ある日突然、武器を持って押しかけてきた隣人が、
「ここは今日から俺の家だ」といい放ち、
家具やら何やらすべてを破壊し、スプレーで壁に落書きをしてやりたい放題。
当然外部との接触も禁じられ、逆らえば虐待され殺される。
こんな状態が三世代もの間続いている。

君に耐えられるか?
この怒りと絶望を超えて生きれるか?
それでも尚今も、生きようとしている人がいる。
そして、この事実を隠そうとしている国が隣に存在する。

音楽で世界を救うことは間違えなく出来ない。
しかし人を変えることは出来るはずだ。
少なくとも俺はそうだった。

だけどデモをしたり、声を上げて批判をしたり、
情報を共有したりすることはみんな出来るわけではないけど
少なくとも、自分の周りにいる人間よりもさらに周りにいる人間に、
少しでも目を向けてみて欲しい。
別れ離れになった友達、死んじゃった人、友達の友達の友達。
人に想像を向けて欲しい。
無関心をなるだけなくして欲しい。

この場を使って、見てくれたあなたの
想像の幅が広がることを心から願っています。

2008年04月07日 01:30 ▲

1/3年 報告

2008年度前半期、日誌がほぼ書けてなかった。。
4月に入り、いよいよ2008年度中盤に入ったので、
一度きりをつけるために、キーボードに今向かってます。
なので時間軸等はまったく無視しここに記録します。

■ミニアルバム完成。5曲入り。
とても満足いくものになった。二枚組みでCD+DVD。
又いろいろと始まる予感が否応なしにしている。

■友人の自主映画に主演で参加。
撮影は真冬の野外が多かったので、大変つらかった。

■引越し終了。東京に別れを告げ、埼玉は川口へ。
出身地に戻ってしまった。京都、高田馬場、板橋、巣鴨。
俺はこの先何回引っ越すのだろうか?
しかしながら今の住居は今までで最高の家だ。
このような寝床と製作環境を与えてくれた男に、最大の感謝。

■ワッツーシゾンビがアルバムを発表し、今までよりさらに凄まじく
物凄いパワーで増大していっている。感激とともに、身が引き締まる思いである。

■夏までに製作環境を一新することを強く決意する。

■俺は今、見えない何人かと共に生きている。

以下記録写真

49.jpg49日


DJ 北山ゆうし.jpg東京ハワイアン DJ北山ゆうし

chichibu.jpg秩父「ちしま」 俺が今まで食べた中で、一番うまかった日本そば

koushienn.jpg 甲子園3.jpg 甲子園2.jpg 甲子園1.jpg
甲子園にて 春の高校選抜野球 自然と涙が出てきた。


どんなときも.jpg川口市 新しくも懐かしい町


宇都宮餃子.jpg宇都宮で食った餃子 餃子よりビールがうまい


映画撮影.jpg映画撮影 寒すぎて頭が痛くなった


加賀温泉.jpg 加賀温泉 3.jpg
加賀温泉


LSD-E.jpg 東高円寺 LSD−EにてCD製作

東京タワー.jpg 東京タワー

クリスピークリーム.jpg甘いドーナツ


■「よっしゃ!!やってやるぜ!」と
 「よっしゃ!!やってやるぜ!馬鹿野郎!この野郎!!」とで
 この「馬鹿野郎!この野郎!」が付くか付かないかで表現の強度が違うことに気づいた。
 俺の場合ね。


さて!又いろいろ始めっか!!
馬鹿野郎!この野郎!!


2008年04月04日 00:46 ▲